top of page

イラストレーター インタビュー #4

【creator's ROOM】

クリエイターズルーム

国内外で活躍するクリエイターの紹介、インタビューを行い、

普段見ることの出来ないクリエイターの自慢の"お部屋”をご紹介します!



今回のゲストは香港のイラストレーター橙(チェン)さんです!

彼女はいつもわたしたちに温かいイラストでカラフルな世界に連れて行ってくれます。




【プロフィール】 「木登|オレンジ」の橙(チェン)です。香港出身です。

(橙(チェン)は中国語でオレンジを指します。)

グラフィックデザインとイラストを融合させ、レトロでカラフルな絵で私の見ている愛おしい世界を構築してます。



【普段行っているイラストのお仕事はどういったものが多いですか?】 主にInstagramへの投稿、ネットショップの商品作成とお客様からのご依頼、この三つの分野でお仕事行っております。



【最近手がけたお仕事はどの様なものがありますか?】 近はコラボのお仕事をしてます。主に印刷物と小物の制作です。

詳しい内容はまだ公表されていないので、情報はここまでしか言えません!



【絵を描き始めたのはいつ頃からですか?また、どんな絵を描いていましたか?】 は動物のキャラクターを描くのが好きでした。 例えば、怒ってるウサギちゃんや、ぼーっとしてるクマちゃんを描いてました。 本気で絵を描き始めたのは二年前からです。でも子供の頃から芸術やデザイン関係のことが大好きで、七歳からフォトショップで画像加工などをしてました。笑



【イラストレーターになる前は何をされていたのですか?】 デザイン関係のバイトをしてました。そのバイトでグラフィックデザイン以外に、ビデオ編集や広告デザインもしてました。




【イラストレーターに志したきっかけなどあれば教えてください。】 実は大学時代にイラストに触れる勇気は全くなかったです。そのときの私は、イラストって絶対に難しい作品を描かなければならないとか、高い画力を持たなければならないと思っていました。

イラスト専門の人たちは毎日創作活動をしなければならないという感じで、私にはそのような存在にはなれないと思っていました。 しかし、バイトを始めてから、様々なプレッシャーにさらされて、指定されたジャンルの作品しか作れませんでした。そしてだんだん初心を忘れてしまっていることに気づきました。それが嫌で、最後は仕事を辞めて休暇中にイラストを描き始めました。 最初は心の癒しになるから描いていましたので、今に至るとは思いもしませんでした ^^。




【イラストレーションの技術を磨く中で、影響を受けた方はいますか?】 「今やっている事をやめないでください」と応援のメッセージを頂きました。 昔からコツコツと自分のペースで好きな事をしているタイプです。しかし、創作の過程で自分が楽しむ時間を持つだけでなく、他の人にも喜んでもらえることが嬉しいです。 最初にイラストのアカウントを運営し始めたとき、長い間スランプに陥っていました。 そのときは落ち込みやすくて、自分の能力に疑うことがよくありました。あれから色んなコメントやメッセージをもらって、特に冒頭の一言は私を大きく変えてくれました。

イラスト、デザイン、音楽、映像など、創作であれば、自己疑念を抱える状態で作った作品は説得力がないし、愛されないと思います。 自分を愛せるようになり、初めて他人も愛することもできるというような感じです。笑


【現在の1日のスケジュールを教えてください。】

朝起きてからすぐ仕事机に向かいます。

昼食までには家の猫ちゃんに餌をやって、昼食後は夕方まで作業を続けます。

夜のスケジュールは仕事量によりますが、もし時間が許せば猫ちゃんと遊んだり、あるいは運動したりします。寝る前にはゲームをしたり、気まぐれにドラマを観たりすることもあります。


【休日はどんな過ごし方をしていますか?絵以外の趣味と呼べるものはありますか?】 趣味はたくさんあります。休日に、一日中ひたすら読書をして過ごすこともあります。 デザイン関係の本だけでなく、宇宙や古代神話などの本も大好きです。それと、写真を撮るのも好きで特に古いものが好きなので、フィルムカメラを持ってるだけで、幸せになります。






【生活の中に一番大事にしていることはなんですか?】 多分仕事です。笑

私は仕事に没頭するタイプなので、一度仕事モードに入ると抜けにくいです。完成するまでやり続けます。 なんかあんまり良くない習慣ですね。笑笑


【趣味などで皆なさんにおすすめをしたいものはありますか?】 近はカセットテープにハマってます。ついにカセットプレーヤーを購入したからで す!

しかもBluetoothに対応している新製品なので、作業しながら直接プレーヤーに接続して聴くことができます。懐かしい感じがしてとても気に入ってます!



【機材などの作業環境を教えてください。】 本的にAdobeのIllustratorで仕事をしてます!普段なら、Procreateを使って気まぐれに描いたりするのもとても好きです。機材はiMac、仕事机の周りにはプリンター、カメラがあり、絵の具やシルクスクリーンの道具なども置かれてます。


【お部屋のテーマとかは特に決まっていますか?】 部屋はカラフルをテーマにしてます。好きなものを詰め込んだ部屋です。 家具や飾り物を自由に配置すると、より温かみのある雰囲気が感じられると思います。 毎日過ごす場所ですから、少し自由な雰囲気が良いと感じますね。笑


【お部屋の中に一番好きな場所はありますか?】 寝るところですね。部屋のスペースが限られているので、家具を配置する際にプロジェクターを設置しました!休憩しながら映画などを観ることができ、リラックスできる場所です。



【これまで一番、大変だったお仕事はどの様なものですか?】 仕事で本当に大変だと感じたことはないですね。手間がかかる仕事なら、オンラインショップの運営を維持することだと思います!商品のデザインをしたり、サンプルを作ったり、発注をしたり、写真を撮ったり、商品を掲載したり、宣伝したりするなど、 一つ一つの作業は簡単じゃないですね~



【イラストレーターとして仕事をする上で、心がけていること、習慣はありますでしょ うか?】

色んなアーティストのグッズを集めるのが好きです。人に好かれる作品を作りたいな ら、まず人の作品を好きになるべきだと、私はよく思うんです。展示やイベントに行く度に、様々なスタイルの作品に興味を惹かれます。時には他のアーティストが普段どん な気持ちで作品を作っているのか、なぜ私たちの創造している世界観がこんなにも異なるのか、つい気になります。それがグッズを集めるという習慣につながっていると思い ます。でもちょっと買いすぎて部屋が手狭になってきました。笑


【イラストレーターとして活動してきて、辛かったことや、辞めたいと思った出来事は ありましたか】

たまに自分を疑ってしまうことがあります。さまざまな作品を見ていると、自分には不足している部分が多いと感じます。例えば、能力不足とか、他のアーティストの作品の方が優れているし、自分はあんな良いアイディアが浮かばないです。このような時に、私は続けるべきかを考えちゃいますね。


【イラストレーターになって心境的に一番変わったことはありますか?】 今はもっと自分らしくでいいと思います。たとえ他の人はそう思わないとしても、心を込めて作った作品であれば、絶対価値のある作品だと信じます。自分を疑うのはやめ て、頑張っていれば、いつか必ず成果が出ます。自分を信じれば道は開けます!


【イラストレーターで良かったと思うことを教えてください。】 も自分のスタイルを持っているんだってことです!皆の心に残るスタイルを作ることは簡単じゃないですが、イラストレーターとしての旅路でこれをはっきりと認識できたことは良かったと思います^^。


【中々お仕事をもらうことができず、定期的にお仕事を獲得できる様になるまで、苦労 している人がとても沢山いる様に見受けれます。そういった方に向けてアドバイスなど お願いします。】

しっかりとした心構えと信念を持つことが大事だと思います。仕事が来るかどうかは偶然の要素によって左右されるものが多くて、例えば、クライアントの好みやスケジュールに合うか、など。すぐに仕事が来なくてもしょげる必要はありません。仕事が来るまでの間、実力を磨いて、できる限りのことをすればいいと思います。もちろん、自分に期限を設けることも大事です。例えば、半年以内に仕事を得ることを目指して、最終的にうまくいかなかったら、他の露出機会や方法を考える必要があります。


【最後に、イラストレーターとして今後どの様な活動をされる予定でしょうか?挑戦し たいことなどあればお聞かせください。】

ずっと3Dイラストに興味を持っていますが、仕事の関係で時間がなくてなかなか練習できないですから、まだ幼児レベルの3D技術です。笑

この先1年で挑戦してみるという目標を立てました。達成できたらいいですね!笑






【creator's ROOM 】2023/7

イラストレーター インタビュー #4

@theorenjistudio

UNform サイドページ :




Comments


bottom of page